ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 印鑑登録と印鑑証明書

用語検索はこちら


印鑑登録と印鑑証明書

担当 : 市民課 / 掲載日 : 2014/09/02

住民基本台帳法に基づく住民票に記載されている方(15歳に満たない方および成年被後見人の方を除く)は、1人1個に限り印鑑の登録ができます。

次の事項のいずれかに該当する印鑑は登録できません。

1.住民票に記載の氏名等で表されていないもの
2.一般市販の合成樹脂製印鑑、既製の同型彫刻印鑑(手彫りでないもの)
3.類似印鑑、欠損印鑑
4.既に登録されている印鑑
5.ゴム印等その他変形しやすいもの
6.職業等氏名以外の事項を入れたもの(印・之印・章・之章の文字を付けているものを除く)
7.印影の大きさの一辺が8ミリメートルの正方形に収まるもの、または25ミリメートルの正方形に収まらないもの

 【手続きの種類】


こんなとき 持っていくもの 備考
印鑑登録届
(登録したいとき)
登録したい印鑑、官公署発行の写真付身分証明書 代理人による手続きのときは、委任状(指定様式)と代理人の印鑑が必要です。
※免許証などで本人確認ができない場合および代理人による申請の場合は印鑑登録証明書の即日交付はできません。
登録印鑑を紛失したとき 印鑑登録証、認め印
印鑑登録証を紛失したとき 登録している印鑑
登録印鑑を変えたいとき 登録している印鑑、新たに登録したい印鑑、印鑑登録証
印鑑証明書が必要なとき 印鑑登録証 本人の住所、氏名、生年月日を正しく記入してください。

【注意事項等】
・印鑑登録された方には印鑑登録証を交付します。印鑑登録証明書の交付申請の時には、印鑑登録証を必ずご持参ください。
・印鑑登録証明書の交付については、郵送申請できません。
・南国市から市外への住所変更(転出)届出の際には、印鑑登録は廃止になります。印鑑証明が必要な場合は、新しい住所地で印鑑登録してください。
・戸籍の届出(婚姻・養子縁組など)により登録していた印鑑の氏名でなくなったときは、印鑑登録は廃止になります。印鑑証明が必要な場合は、新氏名で再度登録してください。

※詳しいことは、市民課市民係(電話:088-880-6574)にお問い合わせください。