トップページ > 高知競馬騎手会・南国市消防団が地元の子供たちと田植え体験
読み上げる

高知競馬騎手会・南国市消防団が地元の子供たちと田植え体験

担当 : 消防本部 / 掲載日 : 2022/04/09

南国市消防団と子供たちが田植えと放水訓練で交流


2

 高知市こども劇場の会員親子と日章地区の消防団員・消防職員が、
南国市田村の田んぼで田植えや消防ポンプ車からの放水を通じて、交流を深めました。 
この取り組みは、高知競馬騎手会による社会貢献活動の一環で、発起人の一人である
赤岡修次騎手の友人で、南国市消防団の吉本副団長が協力して稲作交流を続けており、
今年で10年目となります。


田植え体験


 田植え体験は、地域の消防団員の方々と一緒に行いました。こども達は、「どろどろで楽しい!」「いっぱい汚れた」などと、
とても楽しそうに取り組んでいました。


写真
写真

放水体験


 放水体験では、実際に防火服とヘルメットを着用して放水を行いました。初めての体験で、放水の飛距離やホースの重さに驚いた様子のこども達。
「すごい飛ぶねぇ」「ホース重い」などの声が聞かれ、ご機嫌の様子でした。


写真
写真



 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、赤岡修次騎手は参加できませんでした、天気にも恵まれ、こども達はお母さんに写真を撮ってもらいながら 楽しいひと時を過ごしました。