トップページ > 災害活動用ドローンが寄贈されました
読み上げる

災害活動用ドローンが寄贈されました

担当 : 消防本部 / 掲載日 : 2022/04/04
写真

 結成50周年記念事業として、南国ライオンズクラブから災害活動用ドローンが寄贈され、令和4年3月28日に南国市消防本部にて寄贈式が行われました。


 寄贈式では、南国ライオンズクラブ結成50周年記念式典大会幹事の西野 博英氏から寄贈の言葉があり、続いて濱田 裕輔南国ライオンズクラブ会長から平山市長へ寄贈目録が、また平山市長から南国ライオンズクラブ50周年記念式典大会委員長の川北 傅佐夫氏へ感謝状が贈られました。




(2)
(3)




5
4


 寄贈された災害活動用ドローンは、民生ドローンの最上位機である「Mavic 3 Cine」で、重量895g、飛行時間は最大46分となり、カメラは広角・望遠レンズを採用したデュアルカメラシステムを搭載しており、高い動画解像度と幅広いダイナミックレンジを実現できる機体となっています。

 今回の寄贈により、南国市消防本部に災害活動用ドローンが2機となり、行方不明者の捜索や大規模災害時での被害状況把握など、さまざまな活躍が期待されます。



担当課

お問い合わせ
消防本部
電話番号:088-863-3511