トップページ > 教育・保育施設等で新型コロナウイルスの患者が確認された場合の対応について
読み上げる

教育・保育施設等で新型コロナウイルスの患者が確認された場合の対応について

担当 : 子育て支援課 / 掲載日 : 2022/05/16

市内教育・保育施設等の園児や職員に新型コロナウイルスの患者が確認され、臨時休園または一定期間の登園自粛となる場合について、令和4年4月11日現時点では以下のような対応を考えています。

1.教育・保育施設等で感染者が発生した場合
 教育・保育施設等の園児や職員に感染者が発生し、施設内での感染拡大の可能性が高いと考えられる場合は、その患者の最終登園日の翌日から保健所の指示に基づき判断した期間休園(全体または一部)を行う。
 園児や職員は患者と何らかの接触が考えられることから、感染拡大防止のために、他の教育・保育施設等での、休園となった園児の保育は行わず、家庭保育をお願いする。
 また、休園となった教育・保育施設等を利用している園児のきょうだい児が、他の教育・保育施設等を利用している場合、休園期間中はきょうだい児も家庭保育をお願いする。

2.保健所から濃厚接触者と判断された場合
 園児や職員が保健所から濃厚接触者に該当すると判断された場合、保健所の指示に基づき、必要な期間家庭保育(自宅での健康観察)をお願いする。

3.保育料について
 保育料を負担している家庭で、休園または家庭保育をお願いしている期間の保育料は、日割りで返還を行う。

4.その他注意点
 園児や職員が感染者となった場合、患者の個人名を明かさない等、個人情報の管理を行うので、ご了承ください。


担当課

お問い合わせ
子育て支援課
電話番号:088-880-6562
住所:高知県南国市大そね甲2301番地