ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯の生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)について

用語検索はこちら


低所得の子育て世帯に対する子育て世帯の生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)について

担当 : 子育て支援課 / 掲載日 : 2021/07/19

このたび、令和3年5月28日厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯の生活を支援するため、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)を支給することとなりました。

1.支給対象者
((1)・(2)両方に当てはまる方で、ひとり親世帯分の給付金を受けていない方)
(1) 令和3年3月31日時点で、18歳未満の児童(障害児(特別児童扶養手当受給者に限る)の場合、20歳未満)を養育する父母等
(※令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象になります。)
(2) 令和3年度住民税(均等割)が非課税の方、または令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方

2.支給額  児童一人当たり 一律 5万円

3.給付金の支給手続き
〇 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で住民税非課税の方
   申請不要です。手当を支給している口座に振り込みます(7月末)。

<令和4年2月末までに生まれた新生児について>
支給要件に該当する場合は、児童手当支給口座に振り込みます(申請不要)。児童手当の手続きの翌月を目途にご案内をお送りいたします。

<申告により7月以降に住民税非課税となり対象となった方>
支給要件に該当する場合は、児童手当支給口座に振り込みます(申請不要)。対象となることが確認された翌月を目途にご案内をお送りします。
申請不要となる対象者が給付金の受取を拒否する場合は、届出が必要です。


〇 上記以外の方(高校生のみ養育しており住民税非課税の方、収入が急変した方等)
  給付金を受け取るには申請が必要です。
  提出書類は以下のとおりです。
(家計急変による申請する方:(1)〜(6)全て。高校生のみ養育しており住民税非課税の方(1)〜(4))

(1)申請書
誓約・同意事項のチェック等、記入漏れの無いようご注意ください。


(2)申請・請求者本人確認書類の写し(コピー)
運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し
(3)申請・請求者の世帯の状況、対象児童との関係性のわかる書類
  父母が申請する場合は住民票。その他の場合は申請書の表Aの下段注意書きをご確認ください。
(4)受取口座を確認できる書類の写し(コピー)
  通帳やキャッシュカードの写し。受取口座の金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写し。
(5)簡易な収入(所得)見込額の申立書
 ※家計急変にあたる方のみ提出。
(6)(5)の申立てを行う収入に係る給与明細、年金振込通知書等の収入額がわかる書類。事業収入、不動産収入に係る経費の金額がわかる書類。申請者、配偶者ともに必要。
※家計急変にあたる方のみ提出。お勤めの方は収入、自営業の方は所得の申立書をご使用ください。


〇書類提出先(郵送・持参)
 〒783-8501 南国市大そね甲2301番地
   南国市役所子育て支援課 子育て応援係

〇申請期限 令和4年2月28日(月)(必着)
  期限を過ぎると対象者であっても給付を受けることができませんのでご注意ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)