ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 特定健康診査で生活習慣病を予防しましょう(国民健康保険)

用語検索はこちら


特定健康診査で生活習慣病を予防しましょう(国民健康保険)

担当 : 市民課 / 掲載日 : 2021/05/01

特定健康診査について

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内蔵型脂肪症候群)の方や、その予備軍の方を早期に発見し、糖尿病等の生活習慣病を予防することを目的とした健康診査です。


《対象者》
40歳から74歳までの国保加入者(長期入院者・妊婦、介護保険施設等への入院者、その他厚生労働大臣が定める人は対象から除外されます)
令和3年度対象の方には、4月19日に受診券を送付しています。(送付時期は年度ごとに異なります)
南国市国保以外の医療保険に加入されている方は、加入している医療保険者にお問い合わせください。

《集団健診と個別健診について》
特定健康診査は、公民館等での「集団健診」、または医療機関での「個別健診」を選択して受診することができます。詳しくは、次のファイルをご確認ください。




《その他》
・受診券をなくされた方、年度途中で南国市の国保の資格を取得された方は、市民課国保係までご連絡ください。
・受診券を持っていても、南国市の国保の資格がなくなった方は受診券を利用できませんのでご注意ください。
・国保で無料の特定健康診査を受診できるのは年度内に1回です。(誤って2回以上受診した場合は、2回目以降の費用を請求させていただきます。)


人間ドックを受診する方へ

南国市国保の方が人間ドックを受診する場合は、以下の助成があります。


《人間ドックと特定健康診査の同時実施ができる医療機関で受診する場合》
人間ドック受診時に「国民健康保険被保険者証」と「特定健康診査受診券」を提出すれば、特定健康診査の検査項目にかかる費用を南国市が負担します。
※費用は医療機関によって異なる場合があります。
対象の病院一覧は次のファイルをご確認ください。


《上記以外の医療機関で受診する場合》
上記と同じ費用を市から助成できる場合がありますので、ご利用ください。この制度を利用される方は手続きが必要ですので、受診前に市民課国保係にお問い合わせください。

※人間ドックには助成金以外に、通常数万円の自己負担が必要です。
※人間ドックの予約は、希望される医療機関へ被保険者ご自身で行ってください。

問い合わせ先

市民課国保係
電話 088-880-6555
FAX  088-863-1523

保健福祉センター
電話 088-863-7373

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)