ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 南国市不妊治療費等助成事業拡充のご案内

用語検索はこちら


南国市不妊治療費等助成事業拡充のご案内

担当 : 保健福祉センター / 掲載日 : 2021/07/15

不妊治療を受けられているご夫婦に対し、不妊検査・治療の経済的な負担の軽減を図るため、治療に要した費用の一部を助成します。対象となる不妊治療には一般不妊治療と特定不妊治療があります。(ただし 文書料・個室料等、治療に直接関係のない費用を除きます。)


「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」拡充ををうけ、南国市も次のように助成内容を変更します。
〇所得制限を撤廃します。
〇助成回数を変更します。
  ・一般不妊治療…同一の夫婦に対し、1子ごとに連続する2箇年度に限り助成します。
  ・特定不妊治療…1子ごと6回まで助成します。
〇戸籍法に規定する届出を行っていないものの、事実上婚姻関係と同様の事情にある夫婦(以下事実婚という。)も助成対象になります。

 

対象となる方……次の要件をすべて満たす方が対象となります

(1) 法律上婚姻関係にある夫婦、または、事実婚関係の夫婦
(2) 治療中、夫婦の両方又はいずれか一方が南国市に住所を有し、かつ、居住している方
(3) 夫婦が医療保険各法の規定に基づく被保険者、組合員または被扶養者である方
(4) 市税等の滞納がない方
(5) 他の自治体において同一の助成を受けていない方(高知県の助成を除く)
 

一般不妊治療

一般不妊治療とは、不妊検査、タイミング療法・人工授精等の不妊治療をいいます。
医療保険の適用の有無にかかわらず、検査や治療に要した費用が対象となります。
※治療の開始前に行う不妊原因を調べるための検査及び同治療の一環として行われる検査も対象になります。
 ただし、文書料、個室料等の治療に直接に関係のない費用を除きます。

 

 

助成額及び期間

助 成 額:1年ごとに5万円を限度とします。ただし1年とは、3月1日〜翌年2月末日までとします。

助成期間:2年(同一の夫婦に対し、1子ごとに連続する2箇年度に限り助成します)

 

申請に必要な書類

(1) 南国市一般不妊治療費助成金交付申請書       
(2) 南国市一般不妊治療費助成金医療機関受診証明書
(3) 不妊治療等に要した費用の領収書及び明細書
(4) 法律上の夫婦であることを証明できる書類(夫及び妻が同一世帯に属さない場合に限る。)
(5)  住民票など住所を確認できるもの(不妊治療費等助成事業に関する同意書が提出され、住所等が確認できる場合は省略できます。)
(6) 事実婚の場合、ア 夫婦それぞれの戸籍謄本
             イ 夫婦それぞれの住民票の写し
             ウ 事実婚関係に関する申立書(様式第2号の2)
(7) 夫及び妻の南国市税の滞納のないことの証明書
(8) 夫及び妻の医療保険各法に定める被保険者証の写し
(9) 振込先口座番号が確認できるもの

  

申請の期限

毎年、3月10日までとします。
  例:令和3年3月1日〜令和4年2月28日までの治療分の申請期限は、令和4年3月10日までです。

 

特定不妊治療

特定不妊治療とは、医療保険が適用とならない体外受精及び顕微授精を行う不妊治療です。

 

対象となる方

一般不妊治療の要件をすべて満たし、かつ「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」(以下県事業という)の助成を受けている方。


「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」についてはこちらをご覧ください。

助成額及び期間

助 成 額:特定不妊治療に要する費用として対象者が負担すべき額から、高知県からの助成を受けた額を控除した額について、1回につき10万円を上限とします。

助成期間:給付回数・期間については「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」に準じます。

  
 

申請に必要な書類

(1) 南国市特定不妊治療費助成金交付申請書       
(2) 不妊に悩む方への特定治療支援事業指定医療機関受診等証明書(特定不妊治療費助成申請の場合、高知県知事に提出する「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の写しが提出できる場合はこの証明書に代えることができます。)
(3) 不妊治療等に要した費用の領収書及び明細書(高知県が実施する特定不妊治療費等助成事業のため原本を提出する場合は、写しを提出してください。)
(4) 法律上の夫婦であることを証明できる書類(夫及び妻が同一世帯に属さない場合に限る。)
(5)  住民票など住所を確認できるもの(不妊治療費等助成事業に関する同意書が提出され、住所等が確認できる場合は省略できます。)
(6) 事実婚の場合、ア 夫婦それぞれの戸籍謄本
             イ 夫婦それぞれの住民票の写し
             ウ 事実婚関係に関する申立書(様式第2号の2)
(7) 夫及び妻の南国市税の滞納のないことの証明書
(8) 夫及び妻の医療保険各法に定める被保険者証の写し
(9) 振込先口座番号が確認できるもの
(10) 特定不妊治療費助成決定通知書の写し

 
  

申請期限

「高知県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業承認決定通知書」の通知日から1年以内



 


 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)