ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人権の花運動(平成26年度)

用語検索はこちら


人権の花運動(平成26年度)

担当 : 生涯学習課 / 掲載日 : 2015/01/09
花と小学生の集合写真

久礼田小学校に人権の花が咲いています。

 

この運動は、児童生徒が協力しながら花を育てることで、優しさや思いやりの気持ちを感じながら、人権を大切にする心を成長させることを目的にした、人権擁護委員による運動で、本年度で5年目を迎えました。

 



南国市立久礼田小学校への贈呈式(平成26年11月7日)


4年生と5年生が集まった贈呈式では、人権擁護委員から「いのちの大切さ」についてお話があり、花の苗を育てた高知農業高等学校の生徒らから、久礼田小学校児童代表へ花の苗が手渡されました。代表の児童が、「少しでも長く咲いているよう、大切に育てたいと思います」とあいさつし、『花のいのちリレー』は、高知農業高等学校の生徒から、久礼田小学校児童へとバトンが繋がれました。


開始行事の様子
高校生から児童への花苗贈呈
高校生による植付け説明


高知農業高校生徒から花の植え方のレクチャーを受けた児童たちは、人権擁護委員が「じんけんの花」ステッカーを貼り土を入れたプランターに、贈られたパンジーの苗を植えました。児童たちは、600個の苗を150個のプランターに無事に移植しました。


苗植付けの様子
苗植付けの様子その2
完成したプランター



障害者支援施設『こくふ』への贈呈式(平成26年12月9日)


こくふでの集合写真

久礼田小学校で大切に育てられている花の一部を、近くの障害者支援施設『こくふ』に贈呈しました。贈呈式では、4年生から施設利用者へ人権の花が贈られました。

また、児童からは『花は咲く』の歌と演奏が送られ、会場は感動に包まれました。

最後に、児童は利用者ひとりひとりと握手をして回り、利用者からも「ありがとう」と笑顔で返す光景が見られ、人権の花を通じて人の交流と、たくさんの笑顔が生まれています。

 




成人式プランター展示

なお、平成27年1月3日に開催された南国市成人式では、会場(南国市立スポーツセンター)入り口に「人権の花」のプランターを展示し、新成人や関係者など多くの方にご覧いただきました。