ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生活保護

用語検索はこちら


生活保護

担当 : 福祉事務所 / 掲載日 : 2014/04/01

生活保護制度は、生活保護法に基づき、憲法第25条に規定する生存権保障の理念を具体化している制度です。すなわち、生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限の生活を保障し、併せてその自立を助長する制度であり、困窮に陥った国民の「最後のよりどころ」として重要な役割を担っています。

生活保護は、活用し得るものすべてを活用した後にはじめて適用されるべきものであるため、利用できる資産(土地や貯金など)は、生活を支えるために活用するとともに、能力に応じて働き、収入を得る努力をし、他の法律に定める扶助や親子・兄弟・姉妹などからできるだけ援助を受けるようつとめるなど、最善をつくしてもなお生活できない世帯に対して、その程度に応じて、困窮している期間だけ最低生活の保障をすると共に、1日も早く自分の力で生活できるように力添えするものです。

●生活保護の給付には、必要に応じて次の8種類の扶助があります。


※申請・相談については、福祉事務所保護係まで。(電話088-880-6566)


生活扶助 食費・衣料代・光熱水費・介護保険料など生活に必要な費用
住宅扶助 家賃・地代など住宅に必要な費用
教育扶助 小・中学校の学用品や給食費など義務教育を受けるのに必要な費用
介護扶助 介護サービスを受けるときの利用者負担
医療扶助 病気やけがのため医療機関で治療を受けるのに必要な費用(保険診療の範囲内)
出産扶助 出産に必要な費用
生業扶助 自立のために仕事を始めたり仕事を習うのに必要な費用・高等学校等就学費用
葬祭扶助 葬祭に必要な費用