ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > テレビ視聴に関する重要なお知らせ(平成30年2月中旬発射分)

用語検索はこちら


テレビ視聴に関する重要なお知らせ(平成30年2月中旬発射分)

担当 : 情報政策課 / 掲載日 : 2017/12/13

平成30年2月中旬から携帯電話の新しい電波の利用が開始されます。そのため、テレビアンテナに、テレビ電波を増幅するブースターやプリアンプを取り付けて、デジタル放送を視聴されている場合、テレビ映像が乱れるなどの影響が出る可能性があります。
なお、このような方法でテレビを視聴していない場合は、影響ありません。


ブースター障害イメージ

受信障害の症状

障害発生時の画面の症状は、『ブロックノイズ』や『ブラックアウト』です。


テレビ受信障害のイメージ

影響が出ると予想される地域

物部


影響が出る可能性があるご家庭

下記のチラシを配布したご家庭で、新しい電波利用の開始日以降にテレビ映像に影響が出た場合は、700MHz (メガヘルツ) テレビ受信障害対策コールセンターにお問い合わせください。
700MHz利用推進協会から派遣した工事作業者がお伺いし、調査・対策を無料で行います。


影響が出ると予想されるご家庭に配布されるチラシイメージ

テレビ映像の回復

700MHz利用推進協会が、一部に影響が出ると予想される地域の全ご家庭に、平成30年1月下旬ごろから、このことについてのチラシを配布し、影響が出た場合、映像回復作業を実施します。
なお、映像回復作業に伴う費用は、700MHz利用推進協会が全額負担します。工事作業者が費用を請求することは一切ありませんので、詐欺等にお気を付けください。
訪問する工事作業者は、「テレビ受信障害対策員証」を携行しています。対応に疑問等がありましたら、700MHz (メガヘルツ) テレビ受信障害対策コールセンターにお問い合わせください。


テレビ受信障害対策員証


詳しくは、次のリンクをご覧ください。


問い合わせ先

700MHz (メガヘルツ) テレビ受信障害対策コールセンター
電話番号:0120-700-012
IP電話等からおかけの場合は、050-3786-0700

受付時間:午前9時〜午後10時
(土日・祝祭日、年末年始も対応しています)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。