ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 在宅高齢者福祉サービスのお知らせ

用語検索はこちら


在宅高齢者福祉サービスのお知らせ

担当 : 長寿支援課 / 掲載日 : 2016/05/26

南国市に住所を有する在宅で生活されている高齢者の方を対象に、介護予防や生活支援を目的とした保健福祉サービスを行っています。


サービス決定までの流れ

【 申請 → 訪問調査 → 審査 → サービス決定 】

申請をご希望される方は下記までご連絡ください。


★南国市長寿支援課介護保険係
 南国市大そね甲2301   電話番号:088−880−6556(課代表)
★南国市地域包括支援センター
 南国市日吉町2−3−28 電話番号:088−804−6010

 

※南国市民の方で、在宅で生活をされていることが前提です。
※申請すれば必ずサービスが受けられるとは限りません。決定まで時間を要することもありますので、「すぐに利用したい」というご要望に応えられない場合があります。
※介護保険料等に滞納がある方は利用できない場合があります。


通院支援サービス事業

高齢者の自立と生活の質の向上を目的に、居宅から保健・福祉サービスを提供する場所や医療機関への送迎を支援します。

■対象者 以下の要件のいずれにも該当する方
(1)次のいずれかに該当し、一般の交通機関を利用することが困難で、かつ、世帯内での通院支援ができないこと
ア.概ね65歳以上で、老衰、心身の障害及び疾病等が特に重い方
イ.概ね60歳以上で、歩行が困難な方
ウ.無医地区(中ノ川、大改野、黒滝、桑の川、遠郷、中屋敷、井ノ沢、中谷、上倉、釣瓶、檮)に居住する概ね65歳以上の方
(2)利用者本人が市民税非課税であること
(3)心身障害者を対象とした南国市福祉タクシー等事業による助成を受けていないこと

■内容 タクシー券を1か月あたり3,000円分支給(ただし、自宅から保健・福祉サービスを提供する場所又は医療機関等への送迎以外は使用不可)

※毎年、市民税課税状況の確認後更新するため、4月〜6月分と7月〜翌年3月分に分けて支給します。


緊急通報システムサービス

ひとり暮らしの高齢者や障害者の方が安心して生活していくため、急病、事故等緊急事態の発生に備えた通報システムです。

■対象者 独居の高齢者(介護保険認定者は65歳未満でも可)または障害者で疾病、障害等により緊急事態が発生する可能性の高い方
■内容 緊急通報装置の貸し出し
緊急時にボタンを押すと、24時間体制の安心センターに自動通報され、係員が装置を通じて状況を確認し、必要に応じて利用者があらかじめ登録している協力員に安否確認を依頼したり、救急車を呼ぶなど、適切な対応を取ります。
その他、24時間体制で相談に応じます。
■委託先 大阪ガスセキュリティーサービス株式会社


■利用料 ※6か月分前払い

 

対象者 1月あたりの利用料
ひとり暮らしの重度身体障害者(1割程度) 260円(税抜)
該当にならないが、設置を希望する方(全額負担)

2,600円(税抜)

上記以外の該当者のうち

介護保険の負担割合が2割の方

520円(税抜)
介護保険の負担割合が1割の方 260円(税抜)

 

軽度生活援助事業

ひとり暮らしの高齢者等が要介護状態への進行を防止し、自立した在宅生活を継続できるよう、軽易な日常生活上の援助を行います。

■対象者 単身世帯、高齢者のみの世帯、またはこれに準ずる世帯に属する高齢者で、日常生活上の援助が必要な方であり、原則として介護保険サービスを利用していない方。
■内容 軽易な家事援助で自立支援に資する援助(買い物・衣類の洗濯・住居内の掃除・入浴の見守り等)
■利用料 1回300円(外出時の交通費や食材費等は別途利用者負担)
※1回1時間30分を限度とし、認められた援助内容が完了次第、終了。
※サービスの期間設定や回数、見直し時期については、適宜設定しますが、基本的には3か月を目安とします。


介護用品支給事業

在宅で生活している重度の介護を要する高齢者で、低所得世帯の方に、介護用品券を支給します。

■対象者 要介護4または要介護5と認定された方で、市民税が非課税世帯の方
※介護認定期間毎に再調査の上更新します
■支給額 :1か月あたり6,000円分の介護用品券
※対象となる介護用品は、紙おむつ、尿取りパット、使い捨て手袋、清拭剤、ドライシャンプー、口腔ケア用品
※毎年、介護認定と市民税課税状況の調査の上更新し、介護用品券を支給します。


食の自立支援事業( 配食サービス )

高齢者の自立度や身体・家族状況、地域の実情に応じて利用調整を行います。必要と認められた場合は、栄養バランスのとれた食事を、安否確認を兼ねて自宅へ定期的に届けることにより、在宅高齢者の健康で自立した生活を支援します。

■対象者 食事の確保が困難な状況で、以下の要件のいずれにも該当する方
(1)65歳以上の単身世帯、または高齢者のみの世帯
(2)同敷地内(近所含む)に家族が居住していない方
(3)障害高齢者の日常生活自立度がAランク以上の方(介助なしでは外出できない方)
※総合事業対象者は、ケアプランの中での位置づけが必要です。申請の際に、ケアプランを提出してください。

■内容 毎日の昼食と夕食を上限とし、必要に応じた回数の食事を配達します。
1食につき500円(食事の内容によって、変更有)


配食事業所 配食日 配食エリア
社会福祉法人 ふるさと自然村 平日の昼食 担当地区割有
社会福祉法人 土佐清風会
社会福祉法人 藤寿会
ニコニコキッチン高知東店
※自費利用も対応可
毎日の昼食・夕食
(ただし年末年始を除く)

南国市

(上倉・亀岩地区は除く)

 


家族介護慰労サービス

要介護4または要介護5の認定を受けた高齢者を、1年間介護保険サービスを利用しないで、在宅にて介護しているご家族に、慰労金(10万円)を支給します。

■対象者 以下の要件のいずれにも該当する方
(1)市民税非課税世帯
(2)要介護者が認定を受けた日から1年を経過していること
(3)介護サービスの利用実績が1年以上無いこと(ただし、7日までのショートステイ利用はこの限りではありません。また、3か月以上の長期入院は期間に算定しないものとします。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。