ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国民年金への加入と届出

用語検索はこちら


国民年金への加入と届出

担当 : 市民課 / 掲載日 : 2017/04/10

国民年金は、老齢、障害、死亡に際して必要な給付を行い、生活の安定や健全な生活の維持、向上に役立つことを目的とした制度です。日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方で、厚生年金保険に加入していない方は、すべて国民年金の第1号または第3号被保険者となります。

【必ず加入しなければならない方】

○日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の方

被保険者の種別は次の3種類です
*自営業者、学生、無職の方(第1号被保険者)
*厚生年金、共済組合の被保険者(第2号被保険者)
*厚生年金、共済組合の被保険者の被扶養配偶者(第3号被保険者)

【希望すれば加入できる方】

○日本国内に住所がない日本国籍のある人で、20歳以上65歳未満の方
○日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の方
○被用者年金(厚生年金など)の老齢(退職)年金を受けている65歳未満の方
○昭和40年4月1日以前に生まれた方で、65歳に達しても年金受給資格を満たすことができない方は、70歳になるまでの間で受給資格を得るまで加入することができます。

【届出について】


このようなとき
届出に必要なもの
国民年金に加入するとき 印鑑、年金手帳、直前の年金の資格喪失日のわかるもの(資格喪失証明書など)
国民年金をやめるとき
(第1・第3号被保険者が厚生年金、共済組合などに加入したとき)
お勤め先での手続きとなります
第3号被保険者に該当したとき(配偶者が厚生年金、共済組合などに加入している方で、本人が扶養配偶者である場合) 印鑑・年金手帳・健康保険証など(届出先は配偶者の勤務先)
市外へ転出するとき 印鑑・年金手帳
市外から転入するとき 印鑑・年金手帳
氏名を変更したとき

印鑑・年金手帳

死亡したとき 加入中の年金制度によって異なります。
【国民年金を受給している方が必要な届出】
引き続き年金を受けるために 受給中の年金制度によって異なります。
受取銀行・郵便局を変更したいとき 国民年金受給権者の住所・支払い機関変更届
死亡したとき 受給中の年金制度によって異なります。

※届出の際は窓口で本人確認をさせていただきます。必ず身分証明書をお持ちください。詳しいことは、市民課年金係にお問い合わせください。



※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。