ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年度国民健康保険税の資産割の廃止と税率の変更について

用語検索はこちら


平成30年度国民健康保険税の資産割の廃止と税率の変更について

担当 : 税務課 / 掲載日 : 2018/04/01

南国市の平成30年度国民健康保険税について(資産割の廃止と税率の変更)

 国民健康保険の財政運営の責任主体が都道府県に変更になることに伴い、南国市では平成30年度から国民健康保険税(以下、国保税)の賦課方式を高知県の示した標準的な算定方式(3方式)に変更することになりました。
 南国市ではこれまで、基礎分・後期高齢者支援金分・介護納付金分それぞれの所得割額・資産割額・均等割額・平等割額を合計して税額を算出する4方式という算定方式を採用していました。平成30年度からは資産割額を無くし、所得割額・均等割額・平等割額を合計して算出する3方式に変更します。
 それに伴い、下記の通り税率の見直しを行いました。

平成30年度からの南国市国民健康保険税率


区分 税率の基礎 基礎分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
平成29年度 平成30年度 平成29年度 平成30年度 平成29年度 平成30年度
平等割額 一世帯につき 27,000円 30,000円 8,000円 9,400円 6,400円 7,200円
均等割額 加入者1人につき 25,000円 26,300円 7,000円 8,100円 8,500円 9,100円
所得割額 課税標準額 7.8% 8.3% 2.4% 2.6% 2.2% 2.3%
資産割額 固定資産税額 28.0% 9.5% 6.9%

       (注) 課税標準額 = 前年中の所得 − 33万円(基礎控除額)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。