ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 移住者インタビュー 沼 龍矢さん

用語検索はこちら


移住者インタビュー 沼 龍矢さん

担当 : 企画課 / 掲載日 : 2018/01/12
沼さん

30代で地元へUターン


沼さん

 以前は奈良県の企業で開発の仕事をしており、その時に結婚をし、2人の子どもに恵まれました。しかし、一人っ子だったこともあって、将来は地元に帰ろうと思っていました。転職するなら若いうちのほうが有利であることと、父が他界したことをきっかけに30代前半で南国市へUターンしました。


田舎暮らしでゆとりある生活を実現


スケジュール

 スーパーや病院へは車で10分程度あれば行くことができますし、奈良では交通機関を利用して往復2、3時間かかっていた通勤時間も、今は車通勤のため10分程度になりました。都会での生活に比べ、時間にゆとりを持つことができ、ストレスの少ない生活を送れています。
 住居についても、奈良ではアパート暮らしだったのですが、今は庭がある一戸建ての実家で暮らしています。アパートに比べて自由に使えるスペースが増えて、ゆったりと暮らせています。


田舎の馴染みやすさ

 田舎では車通りも少なく、地域の方の見守りもあって、安心安全な環境で子育てができます。移住当時、妻は知人がいませんでしたが、PTAや地域の活動に参加するうちに知人が増え、今では私よりも多いぐらいです。
 田舎では地域での付き合いも都会より多いですが、今は昔ほど多くはありませんし、適度に付き合いがあったほうが暮らしやすいと思います。


南国市へ移住を検討されている方へ


沼さん

 仕事を選びすぎず、なんでもやる気持ちがあれば就職先はあると思います。南国市には企業もたくさんありますし、高知市の企業で働いても通勤は可能です。私も現在は製造業の資材部で働いていますが、他社で食品の製造や営業職も経験しました。
 都会に比べると収入は減りますが、支出も減りますし、何より生活環境がいろいろな面で良くなりますよ。


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。