ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 南国市行政改革大綱2017

用語検索はこちら


南国市行政改革大綱2017

担当 : 企画課 / 掲載日 : 2017/03/30

人口減少と少子高齢化の進行に伴い、市税等の減収や地方交付税の縮減などによる歳入の減少、社会保障費などの義務的経費割合の増加、公共施設の老朽化など、多くの課題が存在しています。限られた財源の中で、安定した行政運営を維持し、第4次総合計画(平成28年3月策定)でもうたっている、市民が安心して暮らせるまちづくりを進めていくため、新たな「南国市行政改革大綱2017」を、平成29年2月に策定しました。

「市民が主役」「市民協働」「自主自立」「スリム」「スピーディ」「成果重視」を基本理念に、の5つの取組を柱に行政改革に取り組みます。

(1)市民の視点に立った市政運営の推進
(2)市民との協働による諸施策の推進
(3)健全な財政運営の推進
(4)簡素で効率的、効果的な市政運営の推進
(5)職員の意識改革と人材育成の充実

実施期間は、平成29年度から平成33年度までの5年間です。この大綱に基づいて南国市行政改革実施計画を策定し、各部署で具体的な取組を進め、毎年度、進捗チェックと評価を行い、常に最適な市民サービスが提供できるよう努めていきます。

南国市行政改革大綱2017の内容は、次のファイルをダウンロードしてご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。