ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民基本台帳(住民票)の届出

用語検索はこちら


住民基本台帳(住民票)の届出

担当 : 市民課 / 掲載日 : 2016/12/12

住民基本台帳(住民票)は、住民の居住関係を公証し、選挙人名簿の登録、国民健康保険、国民年金、印鑑登録など、日常生活に関係の深いことを世帯単位に記入したものです。

引っ越しなど住民票に変更があった場合、次のような届出が必要です。
なお、転出届に限り郵送でも手続きができます。



届出の種類
届出の期間
届出人
届出の場所
必要なもの
転入届
他の市町村から南国市に住所を移したとき
住所を移した日から14日以内 本人または世帯主 市民課市民係 ・前住所地の市町村の転出証明書
・届出人の印鑑
・異動する全員のマイナンバー(個人番号)カードまたは個人番号通知カード

・国民年金手帳(加入者のみ)
・国民健康保険証(加入者のみ)
転出届
南国市から他の市町村に住所を移すとき
市外へ転出するまでの間 本人または世帯主 市民課市民係 ・届出人の印鑑
・国民年金手帳(加入者のみ)
・国民健康保険証(加入者のみ)
・印鑑登録証
・介護保険証
転居届
市内で住所を移したとき
住所を移した日から14日以内 本人または世帯主 市民課市民係

・届出人の印鑑
・異動する全員のマイナンバー(個人番号)カードまたは個人番号通知カード

・国民年金手帳(加入者のみ)
・国民健康保険証(加入者のみ)
・介護保険証

世帯異動届
世帯主の変更または世帯が合併、分離したとき
変更した日から14日以内 本人または世帯主 市民課市民係 ・届出人の印鑑
・国民年金手帳(加入者のみ)
・国民健康保険証(加入者のみ)

■届出に来られた方の本人確認をしています。

住民基本台帳事務処理要領の改正に伴い、平成17年10月1日から、住民異動届には窓口に来られた方の本人確認が必要になっています。
これは、第三者による本人になりすました転入届、転出届などを防止すること、また、住民基本台帳の正確な記録を確保することを目的とするものです。

【本人確認書類】

(1)顔写真付きの公的機関が発行した証明書
免許証、パスポート、マイナンバー(個人番号)カード、住民基本台帳カード、許可証もしくは資格証明など

(2)(1)の証明書がない場合
健康保険証、老人手帳、年金手帳(年金証書)、預金通帳、キャッシュカード、民間会社の社員証など

■届出受付
土、日、祝祭日及び12月29日〜1月3日を除く平日の8時30分〜17時15分の間、南国市役所本庁1階市民課市民係で受付しています。(支所および前記時間外は受付していません。)

※詳しいことは市民課市民係(電話番号:088-880-6574)にお問い合わせください。
  



※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。