ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 原動機付自転車・小型特殊自動車の手続き

用語検索はこちら


原動機付自転車・小型特殊自動車の手続き

担当 : 税務課 / 掲載日 : 2014/04/10

原動機付自転車(125cc以下)や小型特殊自動車を取得または廃車した場合などは、次のとおり申告しなければならないことになっています。


申告期限

  • 取得した場合または申告事項に異動があった場合・・・15日以内
  • 廃車した場合・・・30日以内

   ※所有者が死亡した場合にも申告が必要です。


申告(届出)の方法


車種 届出先 届出に必要なもの
原付
(125cc以下)

小型特殊
自動車
南国市税務課
税務管理係
Tel:088-880-6554
新規登録 ・譲渡・販売証明等
・印鑑・車体番号
・車種の証明等
廃車 ・印鑑
・ナンバープレート
名義変更
(市内の人への譲渡)
・新旧所有者の印鑑
・ナンバープレート
・譲渡・販売証明等
名義変更
(市外の人への譲渡)
・印鑑
・ナンバープレート
※廃車手続きのみで他市町村ナンバーの新規登録はできません。
盗難 ・印鑑
・警察への盗難届受理番号

●印鑑は認印で結構です。
●届出は代理人でもできます。(代理人の印鑑と運転免許証等の身分証明書も必要です。)

●南国市に住民票のない方は次の2点が必要です。
(1)本籍の記載がある住民票または運転免許証(写)
(2)公共料金の領収書など南国市内の住所のわかるもの

●市役所で取り扱っている原付バイク(125cc以下)の登録、名義変更、廃車の手続きは無料です。
なお、四輪の軽自動車のような希望ナンバー制度はありませんのでご了承ください。


乗用装置のついた農耕用作業車の軽自動車税課税について

乗用型で最高速度35キロメートル未満のトラクターやコンバインなどについては、農耕作業用小型特殊自動車として軽自動車税が課されます。
申告をして、ナンバープレート(標識番号)の登録をお願いします。

※公道を走らない車両であってもナンバー登録は必要です。


軽自動車税の課税対象となる小型特殊自動車にはトラクターやコンバインのほかに下記のようなものがあります。



小型特殊自動車の種類 要件 種類
農作業用
小型特殊自動車
・乗用装置あり
・最高時速35キロメートル未満
トラクター、コンバイン、田植機
農業用薬剤散布車など
小型特殊自動車
その他
・車両の大きさ 長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.8m
・最高時速15キロメートル以下
フォークリフト、ロードローラー、
除雪車など

よくあるご質問

Q1 原付バイクが壊れてしまったので、廃棄(廃車)の申告を8月にしました。すでに納めた軽自動車税は、減額(還付)になりますか?

A1 軽自動車税は、4月1日現在に軽自動車等を所有している方に課税されます。また、自動車税のように月割による計算制度がありません。したがって、年度の途中に廃車や譲渡をしても、その年度分は全額納めていただくことになりますので、減額(還付)にはなりません。



Q2 A市の標識(ナンバープレート)がついている原付バイクを友人から譲ってもらうことになりました。手続き方法を教えてください。

A2 2通りの手続きがあります。
(1)友人の方(前の所有者)に、A市で廃車申告をしてもらい廃車証明書の交付を受けてもらいます。次にあなたが印鑑、譲渡証明書もしくは、廃車証明書をお持ちの上、南国市で登録の申告をしてください。
(2)南国市税務課にて、友人の方(前の所有者)の印鑑とあなたの印鑑、車体番号や排気量等のバイクの情報、A市の標識をお持ちの上、友人の方の廃車の申告とあなたの登録の申告をしてください。



Q3 原付バイクを盗まれてしまいました。どうすればいいですか?

A3 警察に盗難届を出してその内容(届出年月日、被害年月日、届出警察署、受理番号)を控えてください。その後、印鑑、盗難届の内容の控えをお持ちになり、南国市税務課で廃車の申告をしてください。
なお、廃車申告をしない場合、翌年度も課税されますのでご注意ください。



Q4 B市から南国市に転入しましたが、いまだB市の標識(ナンバープレート)がついています。手続きが必要ですか?

A4 原付バイクは特別な理由がない限り、所有者の住所地(主たる定置場の市町村)で課税されます。印鑑、B市の標識(ナンバープレート)をお持ちになり、南国市税務課で登録の申告をしてください。



Q5 納税義務者が死亡した場合、手続が必要ですか?

A5 軽自動車税は車両を所有していることに対して課税される税です。納税義務者が死亡した場合は、できるだけ速やかに名義変更するか、もう使用しない車両であれば廃車手続きを行ってください。


Q6 バイクを譲渡したのですが、名義変更をせずに所有者が転々としてしまい、バイクの所在も分からなくなってしまいました。納税通知書が自分宛てに送付されていますが、このような場合に廃車はできるのでしょうか?

A6 友人や知人に譲ったつもりのバイクが、転々と譲り渡ってしまい、どこにいったか分からなくなってしまった場合でも、あなたの納税義務は消滅しません。
このような場合には、事情をお聞かせいただいたうえで廃車可能な場合があります。南国市税務課までお問合せください。



自賠責保険

万一の交通事故の際の、基本的な対人賠償を目的として、原動機付自転車を含む自動車の保有者に、法律で加入が義務付けられています。

●自賠責に加入しないで運転すると・・・
1年以上の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。違反点数は、6点で免許停止になります。


●手続きは、損保会社・共済組合・代理店で・・・
市役所では、自賠責保険の加入等の手続きは扱っていません。保険会社、共済組合またはその代理店(バイク販売店や一部のコンビニエンスストア)におたずねください。 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。