ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 前浜掩体群(市史跡)

用語検索はこちら


前浜掩体群(市史跡)

担当 : 生涯学習課 / 掲載日 : 2017/04/06
前浜掩体群(市史跡)

掩体とは、敵の攻撃から飛行機を守るための作られた、飛行機の格納庫のことです。鉄筋コンクリート製のもの、木や竹、土で造られたもの、屋根がなく擁壁のみのものなど様々な掩体が作られました。防衛庁(高知空港史)の資料によると、当時、中型15基、小型9基、W型17基あったと記されています。

現在残っている掩体は、高知龍馬空港近くの田園地帯に点在しているコンクリート製のもの7基だけですが、平成18年2月21日に「前浜掩体群」(まえはまえんたいぐん)として南国市史跡に指定をされています。

もの言わぬ掩体ですが、無言のうちに戦争の悲しさ、平和の大切さを訴えています。



※ファイルサイズが大きいのでご注意ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。