ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 後期高齢者医療制度の保険料の決め方、納め方

用語検索はこちら


後期高齢者医療制度の保険料の決め方、納め方

担当 : 長寿支援課 / 掲載日 : 2015/03/25

【保険料の計算】
後期高齢者医療では、被保険者一人ひとりに保険料を負担していただくことになっており、1年間の保険料は「均等割額」と「所得割額」を合計したものです。
保険料の計算方法は県内で統一され、2年ごとに改定されます。平成26・27年度の高知県の均等割額は51,793円、所得割額は10.35%です。
世帯の所得が一定以下であれば保険料の軽減があります。手続きは必要ありませんが、所得が未申告の方は申告が必要です。

【保険料の納め方】
保険料は、対象の年金が年額18万円以上で、介護保険料と合わせた保険料額が年金額の2分の1を超えない方は年金からの天引き(特別徴収)、それ以外の方は納付書または口座振替(普通徴収)で納めます。
平成27年7月以降に発行した納付書から、納期限内はコンビニエンスストアでもお支払ができるようになります。詳しくは納付書の裏面をご覧ください。
後期高齢者医療の資格を取得した日によって、特別徴収の開始日は異なります。
特別徴収を口座振替に変更することもできます。ご希望の場合は担当課までお申し出ください。

【問い合わせ先】
長寿支援課いきいき長寿係


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。