ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国史跡 岡豊城跡

用語検索はこちら


国史跡 岡豊城跡

担当 : 生涯学習課 / 掲載日 : 2009/04/01
岡豊城跡(遠景)

岡豊城は、戦国時代に土佐を平定し、四国をほぼ統一した長宗我部元親の居城です。中世土佐の山城では初めて礎石と瓦を使った建物で、石垣の前段階の石積も作られています。一帯は県立歴史公園として整備されており、県立歴史民俗資料館があります。

 



詰(礎石建物跡)

また、詰や二の段、西方の伝厩跡曲輪からは香長平野や太平洋が一望できます。平成20年7月に国史跡に指定(※)されました。
(※)高知県の史跡としては30年ぶりの指定。南国市では、土佐国分寺跡、比江廃寺塔跡に続いて3件目。



伝厩跡曲輪



※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。